見出し画像

最高の環境で、熱いメンバーと社会貢献に取り組みたい!

ROXX noteをご覧の皆様、こんにちは!ROXX人事の加治佐です。
今回は、Zキャリア プラットフォーム事業部より、小野山恭市(Kyoichi Onoyama)さんに登場いただきます!


プロフィール

Zキャリア プラットフォーム事業部でエージェントコンサルティングを担当している小野山と申します。
ファーストキャリアは営業職でのスタートでしたが、後に人材業界に転職し、リクルーティングアドバイザーやカスタマーサクセスに従事しました。

総合人材会社に転職した際は、新卒のメディアサイトでパッケージの新規開拓営業を担当していました。その後、一度退職をして、当時は変に自信を持っていたこともあり個人事業主として働き始めました。採用のWebコンテンツ事業を提供するベンチャー企業と業務委託契約をして、地方営業所とコールセンターの立ち上げに参画したのですが、なかなか新規事業がグロースしない、従業員が定着しないという状況に0→1を作る難しさを痛感しました。

ちょうどその頃、前職の総合人材会社から新卒領域にATS(採用管理システム:Applicant Tracking System、以下「ATS」)のSaaSプロダクトをリリースするので、テストセールスとしてアクイジションフェーズ(新規顧客獲得)を担当してほしいとお声がけをいただき、0→1を作る難しさと失敗を経験している最中だったこともあり、再度学び直すチャンスだと2つ返事で参画させていただきました。すぐにアクティベーションフェーズを担当することになりまして、そこで1年間で全国展開2,000社導入を達成し、スピード感と多くのお客様をサポートさせていただく経験をしました。

ROXXとの出会い

新卒領域で母集団形成(自社の求人に興味関心を持っている学生を集めること)に課題を感じている企業様が多かったのですが、当時展開していたメディアサイトでは限界があるなと課題を感じていました。この課題解決に直結できる、社会貢献ができる仕事に取り組みたいと考え、HR領域のSaaSプロダクトを軸に転職先を探していたところ、ROXXが展開するback checkを知りました。そこからホームページにアクセスして、オープンポジションの面談に応募させていただいたのがそもそもの始まりです。

ROXXへの入社の決め手は、面接官の皆様からマーケットへの取り組みとビジョンをお聞きした際、とても熱いと感じたことです。ROXXの事業に対する本気度やメンバーの熱意を強く感じました。また、ROXXの選考を受けて初めて触れたワードですがバリュー面接というものがあり、入社した場合の上席となる社員さんと、私のこれまでのキャリアを振り返りながらコミュニケーションを図れる場でした。Valueを言語化するのが難しいと感じている私にはROXXを魅力的に体感できる有意義な時間でした。

正直に申し上げると、選考中、ROXXの他にもう一つ迷っている会社がありました。少子高齢化の社会問題と適材適所のタレントマネジメントにも興味があったため、そのプロダクトを持っている会社も魅力的でした。ただ、労働人口の減少や少子高齢化を連想した時に、日本企業のGDP(国内総生産:Gross Domestic Product)を上げるためのプロダクトはZキャリア プラットフォームだと感じましたし、今やアメリカなどの海外では人材の流動性が日本よりも早くなっており、日本もゆくゆくそうなることを想定すると転職市場は需要が高くなることは明白でしたので、社会貢献とビジネスの伸び代の双方から考えてROXXへの入社を決めました。

成長できる最高の環境

プラットフォーム事業部 エージェントコンサルティングチームのミッションは大きく分けて2つあります。

1つは人材紹介会社様の業務サポートです。
Zキャリア プラットフォームを契約していただいている人材紹介会社様が、実際に今対峙されている求職者様とのネクストアクションを決めあぐねている、もしくは誤っている手法の方向性を正すことで、人材紹介会社様の売上創出のご支援を行います。

2つ目は人材紹介会社様の事業方針に合わせて、ネクストアクションを決めていくコンサルティング業務です。
企業様によって方向性は様々で、人材紹介事業を立ち上げられたばかりのフェーズ、現状維持のフェーズ、拡大していきたいフェーズがございますので、お客様に合わせて適切なソリューションと知見をご提供しています。

具体的には、それぞれの人材紹介会社様に所属されているCA(キャリアドバイザー、以下「CA」)の方々の売上を最大化させるためのKPIを含めた業務フローや面談の中身、そもそものリード獲得などを確認し、出来ないことを出来るようにサポートすることです。そして、出来るようになれば安定するようにサポートさせていただくなど、企業様のご状況によって様々です。

人材紹介会社様の会社フェーズによって、ご支援の内容は変わりますが、例えばうまく軌道に乗り始めたタイミングのお客様ですと、ゆくゆくは長期的な事業計画や目標設定を作成する必要があるため、その作成のご支援などもします。

また、プラットフォーム事業部で、エージェントコンサルティングチームにアサインされるまでの2ヶ月間、CA業務にも取り組ませていただいたのですが、人材紹介会社様が使う自社プロダクトをユーザー側として実際に利用することで、インプットしながらアウトプットもできる最高の環境でした。初回面談の際に求人提案を行ったり、内定承諾後の入社前フォローを行うことで、CAのリソースには限界があることや、売上を最大化するためにどうすれば効率的なのか考える機会をいただけました。また、未経験CAでも求職者に十分価値提供できると感じましたし、座学だけでは難しい求職者様お一人お一人の属性理解も深めることができました。

もちろん当時も数字目標はありましたが、この期間は、会社から投資をいただいているなと有り難みを感じました。そして、CA業務に取り組んだからこそエージェントコンサルティング業務に活かせていることも多いです。

実際にCA業務を行ったのは2ヶ月間だったので担当した求職者様の数としては少ないですが、生じる課題とそれに対しての施策が予め想定できることで、スムーズに点と点を繋げられていますし、CAの気持ちに共感できるか否かで支援の踏み込み方が異なります。体感で例えると、立ち幅跳びなのか走り幅跳びなのかぐらい飛距離が変わるイメージです。

個人的には基本に忠実に取り組むことが大切だと考えており、基本ができていれば安定した売上は作れると確信しています。もちろん言い回しのコツなどはあるかと思いますが、実際に上手くいっているCAに手法を伺った時に、新奇な方法が出てくることはほとんどなかったので、売上が安定しない場合は基本に立ち返ることが必要だと思います。

エージェントコンサルティングとして信頼していただくためにも、成功と失敗の経験値が必要だと思うので、常にチャレンジし続けることを大切にしています。私の場合、入社からまだ日も浅く担当させていただいている人材紹介会社様の数は多くありませんので、結果で正解か不正解かを判断するのではなく、チーム内で「良い施策であった」事はやるように意識し、さらに人材紹介会社様のためになることであれば、できることをやり切りたいと考えています。

例えば、私がインプットに2週間費やしたものを人材紹介会社様に2時間で覚えてください。という宿題をご依頼する状況になった際、商談が終わった後に多くの宿題をご依頼すると、人材紹介会社様が求職者様とのご面談時間などが少なくなってしまうので、A→B→Cのタスクをお願いするよりも、AとBについては商談の場で伴走して、商談後はCのタスクだけをお願いできるようにするなど、できる限り後の宿題は少なくなるように心がけています。商材がヒトなのでシステムのようにはいかないですが、宿題を一緒にするようなニュアンスを大切にしています。

最高のメンバーたちと一緒に

チームや事業部の皆様が気持ちよくコミュニケーションを取ってくれるので、メンバーに恵まれたことをありがたく感じています。経歴も様々な方が多く、同じ人材業界出身でも紹介か広告かでは手法も異なるので、日々勉強になっています。

また、入社時に想定していたよりも業務の責任範囲が大きく、まだまだ自身の業務粒度が荒いなと感じていますし、できないことに今後の伸び代を感じてワクワクしています。
成功体験を捨てることを決めて入社しましたが、捨てて得るものは大きく、転職してよかったと感じています。
まずはエージェントコンサルティングとして、プロダクトを最大限に活用するためのユースケースを増やしていくことが今の目標です。ユースケースが増えれば、その分プロダクトの価値になると考えています。

また、長期的にはこれまでのキャリアを活かしてプロダクトの発展に貢献したいという思いもあります。前職ではVoC(Voice of Customer:ボイス・オブ・カスタマーの略、「顧客の声」)やファクトをとても重視しており「この機能あったらいいよね」という物に対して、契約するしないを観点として、この機能はMoreなのかMustなのかを判断をすることを心掛けていました。この判断軸はROXXでも応用できると考えていますし、前職では業務設計にも携わっていたので、今後は年間どれだけのユーザーにインパクトがあるのかなど、プロダクト全体で考えられるようになれたらと考えています!


小野山さん、ありがとうございました!
お客様への成果にこだわって、真摯に業務に向き合い続ける小野山さん。プラットフォーム事業部のエージェントコンサルティングメンバーと一緒に社会問題解決の未来に向けて全力で取り組んでいます!
ROXXにご興味をお持ちいただけた方は、こちらからエントリーいただけます。
一緒に転換点を創っていただける方をお待ちしております!!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

ROXXでは時代の転換点を一緒に創ってくれる仲間をさまざまなポジションで募集中です。カジュアル面談スタートでもOK!皆様のご応募お待ちしております。