見出し画像

ROXXメンバーの本気は一種のDNA。日本社会の課題に、より早く大きなインパクトを。

ROXX noteをご覧の皆さん、こんにちは!ROXXの加治佐です。
Zキャリア プラットフォーム事業部でエージェントコンサルティング(以下、「AC」)に従事している藤野魁介(Kaisuke Fujino)さんにご登場いただきます!


プロフィール

初めまして。
Zキャリア プラットフォーム事業部でACに従事している藤野 魁介と申します。

大学卒業後は、神奈川県にある信用金庫に入社し、中小企業や個人事業主向けに融資を提案するなどの法人営業に従事しながら社会人や営業の基礎を学びました。4年ほど勤務した後、大手人材紹介会社の子会社に転職をしました。初めは、新卒紹介サービスのリクルーティングアドバイザー(以下、「RA」)を担当し、その半年後に20代を中心とした中途または既卒者向けの人材紹介のRAを担当。更にそこから1年後には採用RPO(Recruitment Process Outsourcing、採用業務の代行の意、以下「RPO」)のセールスも担当しました。

顧客の規模や業種、領域など関係なく、色んなお客様と様々な視点から接点を持たせていただきながら、多くのお客様から勉強することができ、年間表彰や月間表彰などの機会も頂きました。
入社して3年ほどたった頃からプレイングマネージャーとしてマネジメント業務にも従事し、部下の育成や組織の行動設計、採用業務や人事評価の作成などにも幅広く参画させていただきました。

ROXXへ入社する明確な理由

実は、最初にROXXを知ったきっかけはback checkでした。上司や同僚からリファレンスチェックの依頼をされて、「なんだこれは!どんな会社が何を目的に運営しているだろう」と調べてみるとROXXが出てきまして、覗いてみたらZキャリア プラットフォームという他サービスがあることを知りました。

元々人材業界にもいたので興味本位でZキャリア プラットフォームについて調べてみたところ、このプラットフォームがあれば採用企業側は自社の規模や社格に、求職者側は学歴や経験などに囚われにくくなり、人材紹介企業はキャリアコンサルティングにより集中でき、日本全体の就職・転職市場を一層活発化させるドライバーになるのではないかと考えるに至りました。

転職や独立を検討するにあたり、有難いことに、いくつかの企業様からお誘いをいただいていたのですが、日本が抱えている大きな課題に、1人の力で向かっていくのか、会社や組織として立ち向かうのか、どちらがより早く、大きいインパクトを与えられるかで考えた時、最終的にROXXの Zキャリア プラットフォームだと思ったことが、ROXXへの入社を決めた理由です。

日本と海外を比較した際に、転職する回数や転職に対する印象が異なり、市場も活発ではないということは有名な話だと思います。
市場がなぜ活発ではないのかと考えた時に、日本人の転職する際の価値観や考え方に違いがあるのではないかと常々思っておりました。
ある情報では日本の転職理由の特徴として、「仕事よりプライベート優先」「転職理由は現状の職場に不満がある」などが上位に上がるのに対し、海外の転職理由の特徴として挙がるのは「昇進、昇格したい」「転職理由は現状に不満はないが自分にプラスになる」という内容が多く、この差分について根本的に変えていかなければいけないのではないかと思っています。

もちろん昔からの根強い文化や考え方であり、一長一短あるので難しい面があるのは承知の上ですが、求職者様、企業様、人材紹介企業様への働きかけを行うことにより、より流動的に、かつ仕事に対しての捉え方を少しずつ、でも着実に変えていけるのではないかと感じています。
昨今、各企業がシステム化を図っているので、近い将来、属人化せずに業務を回せる日が来ると思いますし、より一層仕事への価値観や概念は変わってくるのではないかと期待しています。

ACの業務内容

一概にAC業務といっても、SaaSのCSとは多少異なっているのではないのかなと思います。
多くのCSは「プロダクト有効活用かつ活用定着」のためのサポートを行うかと思いますが、Zキャリア プラットフォームのお客様である人材紹介企業様は、プロダクトを通じて求職者様の転職支援成功を目指されます。結果、直接的に売上を創出することと同義であり、より踏み込んだサポートが必要になります。
短期的なご支援だけではなく、中長期的な計画や戦略を立てていく必要がありますし、人材業界は事業が外的要因に晒されやすい業界ですので、計画通りいかない場合の臨機応変な対応も求められます。売上を創出できない場合、事業撤退も視野に入れる必要があるため、アンテナは高く張り続ける必要があります。

そのため、業務内容は自ずと広く深くなっていきます。
一言で表すと「プロダクトを通じて売上を作っていくこと」になるのですが、内容は多岐に渡ります。

人材紹介事業は新規参入の障壁は高くない印象をお持ちの方が多いと思いますが、蓋を開けてみると、実は新規参入前に基礎を固めてからスタートしないと苦しい状況から始めなければならないという現状があります。
人材紹介のビジネスモデルは転職を成功させて初めて売上が発生するサービスです。
つまり、求人と求職者様が両方揃っていないと売上が見込めませんし、CAの力量も必要になってきます。
求人の開拓はZキャリア プラットフォームがあるので問題はないのですが、求職者様をどの程度の費用をかけてどのように集めていくのか、自社集客なのか紹介経由なのか、転職媒体からのスカウトなのか、求職者様の集客だけでも考えなければいけないことはたくさんあります。

また、ただ単にたくさん集客できれば良いかという問題でもなく、ターゲット戦略にあった集客となっているか、現在のCAの成長曲線や力量からどの程度の集客を行い、面談を成約に導かせなければいけないのか等も考えて、先行投資を行う必要があります。

さらに、成果報酬のビジネスモデルとなっているため、軌道に乗るまでのキャッシュフローは決して良いとは言えません。
事業の運転資金がキャッシュフローまで考えられた上で確保できているのかなども重要になってくるため、立ち上がり間もないお客様には入念に確認しながらサポートをさせていただいております。

もちろん、立ち上がりから安定してこられて、これから事業拡大を目指したいお客様もおりますので、自社の社風に合う新メンバーの採用を可能とする採用手法や要件の設定、育成やマネジメント方法、インセンティブの設計などお客様のフェーズに合わせたサポートも行っております。

研修のCA業務を振り返って

実際にCA業務に取り組んでみて、難しいことがたくさんあった反面、多くの発見がありました。元々前職でRAを行っていた際に当時対応していた求職者様の属性とは異なっていたこと、前職のCAでも中々転職の成功に導けていけなかった求職者属性であったため、いざ始めてみると職歴がない方々が殆どでした。

ただ、経歴など関係なく仕事に対して高い視座を持っている方、ポテンシャルは秘めているのに上手くアピールできない方なども多くいらっしゃいましたし、その方々に合わせた転職支援の方法など、多くの学びがあり、前職のCAでは実現出来なかったことが、この短期間で成功まで導けたことは非常に学びになりました。
また、プロダクトを実際に活用した上で、良い機能やその活用方法、改善点やその先のプロダクトの可能性などを早く見出せたことも良かったと思っています。

ACとしてのこだわり

お客様と対峙する中で、常に新しい付加価値を提供できないかと考えています。
どんな仕事やサービスも、ニーズがあるから生み出され利用されていますが、そのニーズや利用方法も年月を経て変わっていくものです。現状維持をしていても、埋もれて取り残されてしまいます。
我々のサービスやACが現状維持だと、必要としているお客様の期待を超え続けることが出来ないからこそ、この点はACとして取り組む上で一番大切にしています。

特にZキャリア プラットフォームのACは、お客様のより深いところまで携わることが多い為、お客様を深く知りプロダクト以外での付加価値の創出に、常に拘りを持って従事しています。

一種のDNAのような意識

「時代の転換点を創る」このミッションにメンバー全員が向き合っている状況が当たり前なんだなという印象を持っています。
入社以来、「本気で向き合っている」という以上のものをよく感じていました。一種のDNAのようなものという印象が強いです。

ただ、ハングリー精神やテンション高めの盛り上がりというものは感じず、意外と落ち着いていて、大人な雰囲気もあるところも私は気に入っています。
いろんな方がご入社されているので、多種多様な考え方がある中で、それを否定せず、化学反応を起こせるように促してくれたり、自身の強みと認識していなかったことを強みとして認知させてくれるなど、ポジティブな面が多いです。

レベルの高い方々が多くいらっしゃるので、自分の立ち位置も見失うことなく、常に謙虚で自己研鑽を行おう!と自分と向き合い高みを目指せる点も、入社して本当に良かったと感じています。

Zキャリア プラットフォーム事業の面白み

Zキャリア プラットフォームから未経験層の求職者の市場価値を上げていけること、人手不足となっている業界や業種を支援し適切な競争優位性をもたらすことが出来ること、幅広いファーストキャリアやセカンドキャリアの構築を促していけること、これらを通じて最終的には市場の活性化に繋げられるサービスであることが魅力だと感じています。

現時点でもたくさんのマッチングデータを保有しているのですが、現状に満足することなくもっと蓄積して有効活用することで人材紹介企業様のCA、求職者様の選択肢が広がり、より市場を活発にでき、社会貢献に繋がっていくと信じています。

これからの目標と目指す先

まずはお客様が多くの成功体験を経験できるように、しっかりとサポートをし続けていきたいです。
いろんな価値観をお持ちの方がいらっしゃいますので、日々勉強させていただいていますが、様々なご意見を取り入れながら、プロダクトをより良いものに発展させていきたいと思っています。
また、ご利用のお客様にはマネジメントに苦慮されている方もいらっしゃったりします。私自身もマネジメントを経験してきているため、良き相談相手として様々な点で頼られる存在になりたいと思っております。

Zキャリア プラットフォームは多くの魅力を秘めたプロダクトだと思っています。
データを更に上手く活用することで、市場そして社会に大きなインパクトを与えられると信じているので、これから更なる挑戦をしていきたいと思っています。


ー藤野さん、ありがとうございました!

ROXXでは、「時代の転換点を創る」というミッションであり、未来の大きな目的を達成するためによく挙げられるフレーズがあります。アフリカの有名なことわざの一つ。「早く行きたければ一人で行け、遠くへ行きたければみんなで行け」という言葉を借りて、ROXXメンバーは「早く、遠くへ行きたい」と熱く語る使命感に溢れた仲間たちが今日も懸命に目指す未来を見据え取り組み続けています。

ROXXでは、一緒に働くメンバーを募集中です!
ご興味をお持ちいただけましたら、ぜひ募集中のポジションも覗いてみてください。
エントリーお待ちしております!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

ROXXでは時代の転換点を一緒に創ってくれる仲間をさまざまなポジションで募集中です。カジュアル面談スタートでもOK!皆様のご応募お待ちしております。