見出し画像

初めて仕事が面白いと感じた。絶えず進化するROXXマーケティング

ROXX noteをご覧の皆さま、こんにちは!ROXX人事の加治佐です。
本日は、先日の西澤さんに引き続き、Zキャリア マーケティング部よりプラットフォームのマーケティングをご担当いただいている吉田 玲(Ren Yoshida)さんにご登場いただきます!


プロフィール

はじめまして!
2023年9月にROXXに入社し、現在Zキャリア マーケティング部にてプラットフォームのマーケティングに従事している吉田 玲と申します。

大学卒業後は起業支援を行うベンチャー企業に就職し、デザイナーとしてキャリアをスタートしました。ベンチャーでしたので、業務はデザインにとどまらず、事業の立ち上げやコンサルタント業務など幅広く経験しました。その後、リクルートライフスタイル社(現株式会社リクルート)に転職し、営業職として新規開拓営業と既存顧客サポートに従事しました。
営業として経営者の皆様をサポートしていく中で、webマーケティングの知識を身につけることが、今よりもっと幅広い場面で力になれると考え、広告代理店やSEOコンサルタントなどのマーケティング業界に足を踏み入れ、計3年ほどの職務経験を経て現在に至ります。

ROXXの選考を受けたのは、元々自社を対象としたwebマーケティングの仕事を希望し、企業規模問わず様々な会社を見ていく中で、ROXXの募集要項を見つけたことがきっかけです。その時に、私自身、過去の転職活動でROXXのサービスである「back check」を利用したことがあるのを思い出しました。当時も、企業と求職者のミスマッチを無くす良いサービスだなと好印象を持っていたため、この機会に話を聞いてみたいと思い応募しました。

人材業界の可能性

実は、ROXXの選考を受ける前の人材業界に対するイメージはあまりいいものではありませんでした。こんなことを言うと怒られてしまうかもしれませんが、人材業界は「難しいし、つまらなそう」というイメージがあり避けていた業界でした。
しかし業界説明を伺っていく中で、人材業界の利益構造がとてもシンプルで分かりやすいことに驚きました。さらに会社説明では、ROXXが主にターゲットとしている若年層の求職者層は市場規模も大きく、社会的な課題解決に直接繋がる仕事だということを理解しました。

選考過程で最後に聞いた業務説明では、向き合う対象が求職者様の場合もあれば、同時に社外の人材紹介会社様のサポートをする必要もあるという話を伺い、これは難易度が高い反面、面白そうだし飽きなさそうだなと、徐々にイメージが変わり入社を決意しました。

初めて感じる仕事の面白さ

Zキャリア マーケティング事業部は、「求職者様にROXXのサービスを知っていただき、ご利用いただくこと」をミッションとしています。そのために様々なアプローチを行っており、私が担当しているのは転職を考えていらっしゃる求職者様を、社外と社内のCA(キャリアアドバイザー、以下「CA」)にお繋ぎする集客の部分です。

主に広告の運用を行い、広告費用の調整、キーワードや広告文の調整など、より多くの求職者様にROXXのサービスを知っていただけるよう日々調整をしています。

加えて、日々の広告運用とは別に、更に多くの求職者様にアプローチできるよう配信エリアの拡大や、新しいLP(Landing Page、訪問者が初めに着地するページ)の作成、新しい広告の配信面の検証を行いより多くの機会創出を目指しています。
検証を重ねてサービスのアップデートが行われた際には、運用ルールを整備したり、求職者様や社外のCAと対面しているエージェントコンサルティングチームや社内の人材紹介部門と連携し、全員がスムーズに動けるようなルールを作成することも担当しています。

求職者様の課題を解消するため、そして同時に自社の売上を上げるため、やるべきことやできることが無限にあり、それらを自分で1から推し進めていけるところが簡単ではないからこそ面白く、同時にやりがいを感じます。

既存のサービスを良くするための動きや社内ルールの整備は、良くも悪くも誰がやるかは決まっていない。やり方もゴールも決まっていない。そんな中、過去にSEOコンサルや広告代理店で学んだ知識をフル活用し、仮説立てから実装まで進めることができたときは自社マーケティングをやって良かったなと思える点ですね。

実は、仕事が面白いと感じたのは、ROXXに入社して初めて得た感覚なんです。これまでは、ある程度仕事に慣れてくると効率化され、同じ業務の繰り返しに飽きていたのですが、ここではやることも尽きず、たえず新しい仕事が発生します。その分事業や社内の変化も大きいですが、手を挙げれば任せてもらえる環境で、個人の裁量も大きい。自身でルールを変えることもできるため、自分の取り組み次第でモチベーションを高く保つことができる環境だからこそ、仕事を面白いと感じているのだと思います。

また、自社のプログラマーやデザイナーのメンバーが大変優秀なため、業務がほぼ社内で完結できることで、自ずとフットワークが軽くなり、すぐに実行に移せるのも非常に良いところです。やりたいことや不便なことがあると自社のデザイナーやプログラマーと連携して、次の週にはもう実装して運用できているのが珍しくない環境です。変化が目に見えて感じやすいところもROXXマーケの魅力の一つです。

この環境を味方につけられるか

前述の通り、まだまだやるべきことは多く発展途上中ではありますが、目指すところが決まっていて、それに向かって全員で進んでいる、または目標に自分が貢献していることを感じることができます。

経営陣が、ROXXが目指すべき状態を週次のロッキーミーティング(全社週次締め会)や月次のROXX LIVE(全社月次締め会)などで丁寧に説明してくださるし、それらを踏まえて各マネージャー陣がその状態になるには何をするべきかまで落とし込んでくれるので、大変働きやすいと感じています。
入社してよかったと感じる点はまだまだたくさんありますが、これからも成長し続ける会社で働けることに日々感謝しています。
会社自体が、予算を活用して積極的に成長を目指している状況なので、毎月新しい施策の立案や現サービスの拡大案が求められ、白紙の地図に1から仮説を立てて進んでいく経験ができるのは、今後のキャリアに置いても非常に貴重な経験だと考えていますし、ROXXのマネージャー層には多様な企業出身者がおり、異なる視点や経験を持つ人々が集まっているため、マネージャー層からの指導やアドバイスを通じて自身の視野を広げることができる点も魅力的な部分だと思います。

ROXXマーケが目指す未来

  • 「転職しようと思ったらROXXが第一想起される状態を実現する」

  • 「社内にマーケティングチームの業務内容を浸透させる」

この2つを目指しています。

第一想起される状態を実現するためには、ブランド価値を高めるためのマーケティング戦略の策定やさらなる広報活動、それを支えることができる体制づくりなど、まだまだやることは多いですが、高い志を持つROXXのメンバーと共に進めていければ、近い将来叶えることができると思っています。

そのためには、マーケティングチームがどのような取り組みをしてどのような成果をあげたかを、社内関係各所のメンバーから適切に理解いただくことが必要です。その相互理解が、ROXX一丸となって大きな目標に最短で進んでいくことに繋がると考えています。社内理解を得るためにもしっかりと社内でのマーケティング部署の立ち位置を確立させれるよう頑張りたいと思っています。
一緒に時代の転換点を創りましょう!!


吉田さんありがとうございました!
発展途上だからこそ、やりがいも面白さも桁違い!ROXXのマーケティングメンバーも会社とともにメキメキと腕を上げています。

マーケティングメンバーも絶賛募集中です!ROXXにご興味をお持ちいただけた方は、下記よりご連絡お待ちしております!


この記事が参加している募集

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

ROXXでは時代の転換点を一緒に創ってくれる仲間をさまざまなポジションで募集中です。カジュアル面談スタートでもOK!皆様のご応募お待ちしております。